忍者ブログ

 [PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 まとめ4 Auckland (オークランド) 続き 

インド人

言わずと知れたIT先進国個人としてもITスキルを持つ人が多く、それを武器に移住を目指す人もこれまた多い。人口過多の国の人は、やっぱり仕事と住みやすい環境を求めて世界に散るんだなと痛感。この帽子をかぶって歩いていれば一目で分かるけど、スパイスのにおい(体臭)でインド人と分かる場合あり
 
その他アジア人 in NZ
 
【台湾人・香港人】
朗らかで明るい人がすーごく多い友達が「台湾人は口角が上がってると思わない?良い国の証拠だよね」と言ったとき、唸るほどに納得した。
 
※ 彼らに「中国人ですか?」と聞くと「NO」という(笑)  ''I'm Taiwanese/Hongkonese'' と必ず言い、中国とは別だと主張する。台湾は分かるけど、香港も?と意外だった。
仲良くなった香港人が3人ほどいるけど、みんな一様に「パスポートも国歌 も違うし、政治経済も文化も中国とは違うんだよ!」と主張する。(ふー、チャイナ嫌われてるなぁ)

 
【サウジアラビア人】
政府のお金で勉強に来ている人が多い。(リッチな国ですこと…)
 
【ベトナム人、タイ人】
親に送り出された金持ちの子が多い。(お国は貧富の差が激しいのね…)
 
【トルコ人、インドネシア人】
すっごく親日!嬉しくなっちゃうよ!(私も彼らのことを勉強しなきゃ、と心底思う)
 
【マレーシア人、シンガポール人】
掴み所がなくて近寄りがたい。国に特徴がないのと似てるかなぁ・・・。 でも彼ら、ほぼ華僑(中国系の血が入ってる)とのこと。知らなかった!
 

ラテン系

ブラジル人にとっては、唯一ワーキングホリデーで来れる国ニュージーランド。みんな一生懸命働いている。が、合法入国して不法労働しているブラジル人も多い。なんで彼らがここに来ているかは不明。私ブラジル人と暮らしたけど、
毎日サンバで踊ってる そして、やっぱりというか何というか、やたら性に対して開放的 (日本人とは正反対かな。まるで地球儀のよう) で、ブラジル人同士でつるんで毎日サンバで陽気に暮らしている。ますます、なんで不法労働までしてここにいるか不明。謎は深まる・・・。
でも、日系ブラジル人とか、元彼元カノは日系移民だよっていうブラジル人が、予想していたより遥かに多い。特にサンパウロ周辺には多いらしい。一回行ってみたい国になった。

アルゼンチンの友達は、母国は治安が悪くて怖いからNZに来たといった。警察なんてあってないようなものだと・・。メッシやマラドーナの国そんなにひどい状態だとは知らなかったよ。。
 
ヨーロッパ人

海外での経験を積むため、または語学を勉強するために来ているヨーロッパ人が多く、彼らはハングリー精神旺盛で、心身ともにタフな人が多い。日本人は遊び下手とか言われるけど、彼らを見てると明らかにDNAの差を感じた。
仕事に遊びにお酒の量に…とにかくタフ
 
でも彼らの特徴と言われると、他に書くことがない。というのも、ヨーロッパ人との出会いの中で、カルチャーショックというのはそれほどない。私たちはすでに彼らのことはよく知っているし、考え方とかも個人個人の違いはあるけれど、日本人のそれと大きな差異はない。
金銭感覚も生活レベルもとても似ている。先進国と呼ばれる国は、政治経済のシステムが似ていて洗練された国として≪振舞っている≫ゆえ、ナントナク均一になっていくのかと勝手に感じたりもした。
 
以上で、私がオークランドで出会った人たちの勝手きままな考察終わり 
それにしても、ここオークランドで本当にたくさんの出会いを経験できたことは、すごく素敵な経験だった。オークランドを選んで良かった。この国際都市で過ごした一年は、これからの私の人生に大きな影響を与えると思う。NZに送り出してくれた人、ここで出会った全ての人、住まわせてくれたNZ政府、オークランドの大地、すべてに感謝
PR


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








 この記事へのトラックバック 

この記事のトラックバックURL

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
YURI
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/03/09
[10/27 YURI]
[10/23 Jealous Guy]
[09/30 Jealous Guy]
[09/30 YURI]
[09/28 局]