忍者ブログ

 [PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 最終回 Thank you NZ and YOU!!! 

このブログも、今日で最終回です。いよいよ明日帰国します オークランド滞在時間が24時間を切った中で書いています(笑)。
 
今まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。雑な記事も多く、更
新も気まぐれでしたが(というより震災後はのんのんと更新する気にならなかったんです…)コメントやメールをもらうとやっぱり嬉しくて、すごく励まされました。日本に帰らないことへの罪悪感もありましたが、そんなときでさえも「今いる場所で頑張るしかないんだから」と励まされ、NZ生活を頑張れました。みんな、本当にありがとう
 

今日、最後に書きたいのは、やっぱり感謝の気持ちです。
 
NZに来ることを応援してくれた人たち、NZで出会った全ての人たち、本当にありがとうございます。名前とエピソードを挙げたらフライト時間に遅れてしまうので割愛しますが、数え切れない多くの出会いの中で、たくさんのことを学びました。経験しました。素敵な友達ができました。本当に、ありがとうの言葉しか出てきません。
 

世界の果てでありがとうを叫ぶ
 
の心境です。(何といっても南極に一番近い国ですから
 
その他、「まとめ」で書ききれなかった反省&報告を少々
 
◎英語力について。
 
今までも数回触れましたが、英語力はついたと思います。会話の機会が絶対的に増えるから、『聞く力』『話す力』は特に鍛えられたなって感じです。まぁ、けっこう努力もしました。自分から外国人と話さないと、1年いても10年いても全く喋れません(そういう人もたくさん見ました)。だからなるべく会話の機会を作りましたし、テレビやネットも英語で見るようにしました。日本にいても英語の勉強は出来ますが、『この場面ではこういうふうに言えばいいのか』という理解ができ、それが自分のものになるのが海外で学ぶ利点だと思います

◎アジアについて。
 
いきなり話が飛びますが、こっちに来てから私、『
アジア』っていうものに対する興味がすごく出てきました。世界に対する興味も尽きませんが、アジア諸国への興味がすごく沸いてきました。なぜかというと、歴史認識にはアジア間(とくに極亜三国)で相~当な違いがあって、それが溝になっているのを肌で感じたからです。深く言及するのは避けますが、日本を含め世界できちんとした歴史認識がされるべきだと思いました。『大戦で日本は悪だった』というのが定説ですが、本当にそうなの?と、検証してみてもいいと思います。そういう日本悪教育をされて育った私たち自身が、間違った歴史認識をしており、変な屈辱感を持たされているようにさえ感じます。そういう歴史の真実を知っているのが、実は韓国、中国以外のアジア諸国だったりします。だから親日家が多く、震災後、台湾から多額 の寄付金が送られた理由もそこだったりします。NZの大地でもっともっとアジアを知ろうと決意したのでした。
 
◎今後について。
 
肝心の今後ですが、実は、ぼんやりとだけど自分がやりたいことが見えてきたんです。ここNZで、自分が何に興味があるかを再確認できた感じです。ただ、それがどういう形で実現するか分かりませんし、具体的にどうするかは未定です。とりあえずいったん帰国して、地元を見て、震災後のけじめをつけないと、次に行きようがないですし…。でもそんな積もる話は、みんなに会ったときにさせてください
 
駆け足で思いつくままに書きましたが、以上でNZブログは終了です。
 
は~、なんか長い一年だったなぁ!(本音)
 
震災が予想外でしたし、やっぱりそこから頭が離れませんでした。だからタイトルのように思いっきり『ENJOY』したかって言われると、実は微妙です。悲しさと悔しさ、不安と心配、色々抱えながらのNZ生活でした。だからやっと帰国できると思うと嬉しいです。釜石の惨状を見るのは辛いですが、しっかり向き合おうと思います。そしてしっかり清算して次のステップへ行こうと思っています
 

関わってくれた全ての人に心から心から感謝します。
 
日本か世界のどこかでまた会いましょう
 
本当に、ありがとうございました!
PR


 この記事へのコメント 

約一年間のワーホリで、色々な人と出会い、その出会いの中で、見識を広げたようですね。

自分のやりたいことの方向性も見えてきたようだし、実りあるワーホリだったと思います。

アジア出身者との交流で言及していたけど、太平洋戦争の日本の功罪は正しく国民的理解が得られるべきだと思います。

あの戦争は不可避だったのか、日本に正義は全くなかったのか、国民自身が考えるべきだと思います。

これまでの韓国や中国への土下座外交をみると、未だに1億総懺悔で、発展性がありません。韓国の植民地政策が搾取のみで投資はなかったのか、など個別に検証する必要もありそうです。

真の国際人になるためには、自国の歴史、文化の理解に基づき、相手を相対化する必要がありそうですね。

YURIさんの今後に期待しています。


>Jealous Guyさん
 
渡航前も渡航中も温かく見守っていただき、本当にありがとうございました。
震災時に大変お世話になったことも忘れません。
Jealous Guyさんたちの応援があったからこそNZ生活を無事に終えることができました。
心より感謝いたします

コメントいただいたこと、全くその通りだと思います
『勝てば官軍、正義は勝者にあり』で今まできたと思うのですが、もう黙っちゃおれん!です(笑)。絶対に個別検証が必要だと思いますまずは自分がよく勉強して、最初は小声で訴えていこうかなと思っています
これからもご指南くださいませませ。よろしくお願いいたします
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








 この記事へのトラックバック 

この記事のトラックバックURL

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
YURI
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/03/09
[10/27 YURI]
[10/23 Jealous Guy]
[09/30 Jealous Guy]
[09/30 YURI]
[09/28 局]