忍者ブログ
 恥かき英語録の記事一覧 

 [PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 sure の効用。 

久しぶりに『恥かき英語録』!今日は''sure''の使い方について。
こいつ、実は相当に使える奴だった!
 
中学校とかでは
Could you pass me the salt?「塩を取ってくれますか?」
Sure!「いいですよ」
 
って、こういう使い方をメインで習ったと思う。でも文法重視、試験対策が主な日本の教科書で、Sure ってそれほど見かけていない(と思う)。
 
ところがどっこーい。
 
こっちに来てからびっくりした。この sure って単語、ほぼ毎日使う。友達同士のフランクな会話でも、ちょっとフォーマルな大人同士の会話でも、出るわ出るわ、とにかくよく使う。

例えば、
 
1.Are you sure? I cannot believe!! 「それ確かなの?信じられないんだけど!」
 
2.I'm 100% sure!! You can believe me!! 「100%確かだよ!信じて!」
 
3.I just wanna make sure about/that ABC. 「ABCについてちょっと確認したいんですけど」
 
4.Sorry, I'm not sure. 「ごめん、よく分かんない」
 
※4は代わりに I don't know と言ってもいいけど、かなりぶっきら棒な印象を与えるから、子供とか、はっきり意思表示をしたい場合にしか使わない。それ以外は、断然I'm not sure. が好まれる。
 
5.He is a sure reporter. 「彼は信頼できる記者だよ」
 
などなど。優等生の sure 君に拍手!
PR


 やっぱり文法か!? 

韓 国人MJという女の子と仲良くなった。ギャングスターみたいな名前だけど(笑)、本人いわく本名のミョンジュンは英語では発音されにくい からMJと名乗っているとのこと。彼女は韓国では有名な靴ブランドのデザイナーだった人で、29歳。発音はあまり良くないけど、とても早口で正確な英語を 話す。教科書みたいな英語でとても聞きやすい。家族でこっちに移住してきたときに学校で英語を習ったそうだけど、本当に文法に忠実で分かり やすい

私は今まで、ネイティブっぽくかっこよく話したいとか、スラングを身につけたいなんて思っていたけど、なんていうか、「ちゃ んと正しく話す」っていうのが一番大事だよなと思った。原点回帰。つまり文法が正確でこそ会話がスムーズにいくっていうこと。スラングとか俗っぽ い言い回しっていうのはその後で、まずは正確な英語で、言葉につまらず相手に話せるようになりたいと思った。


まぁでも、そんじゃあ半年でどんくらい英語力伸びたの?っていったら

け~っこう伸びたと思う、正直なところ。特に会話はすごく伸びた


2~3日前、NZ人のケント(SE=システムエンジニア)に チェスを教えてもらったんだけど、英語で説明されながらちゃんとルールを理解している自分がいて、ちょっと驚いた(余談だけど、所々の局面で、考えうる様 々な「手」を教えてもらった上、私を勝たせてくれた。なんと紳士な!笑)

語学はある日突然いきなり伸びるなんて言われるけど、私には そんな実感がない。まだその日が訪れていないだけなのか分からないけど、ちょっとずつちょっとずつ、聞いた単語、使った表現、勉強した言い回しなんかが蓄 積されていって話せるようになってきてるという感じ。

ちょっと長くなったけど、以下結論    

しばらくはMJを見 習って「言葉につまらず正しく話す」っていうことを意識してみよう
 

▼つづきはこちら▼

 発音が難しい・・ 

大問題です。
カタカナになっている英語が、きちんと喋れない・通じない
 
たとえば、クリスマス、ロシア、テキスト、など。
 
こういうカタカナ英語、ちゃんと発音を勉強していないせいか、通じない。
 
どうしても日本語で 「くりすます」「ろしあ」「てきすと」って棒読みで言いたくなる。
 
これらは、あえて表記すれば 「くーズめ(ス)」(リにアクセント)、「(る)アっしゃ」(笑わないで)、 「くす(トゥ)」って感じ。
 
カタカナ英語になじんでいたぶん、ちゃんとした発音を身につけるのに四苦八苦してます。高校のときアメリカに行って「ビートルズ」が通じなかった苦い経験が再び…(笑) ちなみにビートルズは「ー(トゥ)るず」。
頑張りますたい

 Do you miss home? 

"Do you miss home?" 
 
先日、先生のJamesがみんなにこんな質問をした。
 
何のこと?と一瞬分からなかったけれど、 I miss you.  と同じ用法かなと思ったら、やっぱりそうで、「家を恋しく思う?」 つまり 「ホームシックになってる?」 って意味だった
 
ホームシックっていえば、 "Do you feel homesick?" とか "Are you sick for home?"  という言い方しか知らなかったから、「へー、こんなに簡単に言うことも出来るんだ」と思った。 

答え方は、
 
"Yes, I miss home."  「うん、ホームシックだよ~。」
"Not really." 「そうでもないかな」
"Never!!"  「ありえないね!」
 
などなど


 恥かき英語録 

英語は、たくさん間違いながら恥をかきながら、少しずつ上達しています(多分)。
忘れないように、メモすることに。
 
 
【どっちも好きだよ】
Dunja : Which do you like white bread or black bread?
Yuri : …Whici is OK.
Dunja : You can say 'Both is OK.'
Yuri : All Right. I like both.
 
自分で言いながら、「ウィッチ イズ OK」はないだろ~と思ったけど(笑)、案の定ドゥーニャが訂正してくれた。
 
 
【ゴミ箱】
Yuri : Where is the trash can?
Tim : Pardon?
Yuri : I said 'Where is the trash can.'
Tim : Oh, it's really American English. We call ir "rubbish."
Yuri : ... Ohh, I got it.

ここはやっぱりアメリカ英語ではなくブリティッシュ英語だと実感
サッカーもフットボールって言うしね

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
YURI
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/03/09
[10/27 YURI]
[10/23 Jealous Guy]
[09/30 Jealous Guy]
[09/30 YURI]
[09/28 局]